燃費の良い住宅を作り出すための"高気密"へのこだわり

燃費の良い住宅を作り出すための"高気密"へのこだわり

住宅の燃費を決める要素として、高断熱と同じくらい大切になってくるのが高気密です。せっかく温めた部屋の空気が逃げてしまってはもったいないですよね。

高気密な家とは隙間が少なく熱損失の少ない家のことを言います。その性能は C値という指標で表され、C値が小さいほど隙間が少なく熱損失が小さいということになります。C値のこれまでの日本の目標は 5.0(㎠/㎡)ですが、R+houseの最低基準は1.0(㎠/㎡)です。ここまでこだわることにより、ランニングコストの少ないお家が実現すると思い頑張っています。さらに詳しく知りたい方は是非一度気軽にお問い合わせくださいね。
お問い合わせは、お電話・メール・インスタ・フェイスブック・ライン・イエタッタ、などお使いやすい連絡手段でご連絡ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
アールプラスハウス東住吉(株式会社エクシード)

いろいろSNSやっています♪♪
チェック&フォロー、お友達追加 よろしくお願いします♪